葬式お通夜には数珠を持っていく

突然お通夜や葬式に出席しなければならない事はよくあります。そんな時に家族の数珠を借りてお通夜や葬式に出席する方が多くいると思います。特に若い方によくある事ですね。しかし数珠は本来一人一人が自分専用の数珠を持つのが望ましいと思います。数珠は本来は単なるアクセサリーのような物ではなく、仏具であります。お寺さんが、お経や念仏を数える為の道具です。そして御仏と自分自身を繋ぐものでもあります。最近はコンビニなどでも、安価な物も売っていますが、やはり社会人としては、それなりの価格の物を持っておきたいものです。それが社会人としてのマナーであります。マナーといえば直接ポケットにいれている方も多いと思いますが、やはり専用の袋に入れておく方が好印象です。

いつでも故人とともに 墓地

日本では、輪廻転生の考え方が主流で、先祖をまつる習慣が一般化されています。今のあなたがあるのは、そういったご先祖様たちが複数の命のバトンをつないでくれたからです。そのバトンを受け取った貴方、ご先祖様への供養の気持ちがなければ罰が当たってしまいますよ。いつでもご先祖様はあなたのことを見守ってくれています。そんなご先祖様たちの住まう、墓地の手入れは大丈夫ですか?最近では、墓地の中に荒れて果てた墓地を見つけることがあります。あなたがもし、そのお墓に入っていると考えたら、いったいどんな気持ちがするでしょうか?考えるのもいやですよね。墓地にはあなたの大切な故人も祀られています。こちらのサイトで墓地の情報について調べてみてください。きっと素敵な墓地が見つかるはずですよ。

Copyright© 葬式 数珠 All Rights Reserved.