葬式で用いられる数珠の意味

葬式などでよく目にする数珠。数珠は、仏教で用いられる死者の魂が安らかに天にのぼることができるようにと昔から使用されてているもので、親御さんの世代では皆さん当たり前のようにつけているのではないかと思います。そんな数珠ですが、実は意味があることはご存知でしょうか。数珠は、その数も決まっており、108個のまるい玉で形成されると言われています。これは仏教の中で解かれている人間の持っている煩悩の数と一致しており、108の煩悩を数え、死者の魂に祈りを捧げ、安らかに眠ってもらうためのものとなります。亡くなった方が少しでもししあわせに安らかに眠ってもらえるよう、必要最低限の知識を持ってお送りすることが大切です。

ペットのご供養に

樹木葬なら静岡県のMG石材

はかえもんで大阪・兵庫の墓地検索!

http://one-memory.com/

伝統に生きる会社マルタカ

選び方と使い方

仏式のお葬式の場合は、数珠を持参するのがマナーです。数珠は、本来は宗派によってそれぞれ異なるものです

珠の材料と、珠の数について。

仏式での葬式では、数珠は必要不可欠なものです。座っているときには、左手で持ちます。焼香の際にも左手で

いつでもどこでもお墓参り?ネット墓地

あなたのお住まいの近くに墓地はありますか?わたしも最近、仕事の都合で引越しをしたのでなかなかお墓参りに行くことができなくなりました。私の父が眠っているのはある民営墓地。とてもきれいな小高い丘の上にある墓地です。今までは何かあるごとにお墓参りに行けたのですが、転勤をしてからはそういったこともなかなかかなわないようになりました。墓地が荒れないために、民営墓地ならではのオプションサービスで清掃などは依頼できているのですが、実際にお墓参りに行く機会が格段に減りました・・・。とても父にはかわいがってもらったため、少し悲しい気がします。そんなあなたにオススメしたいのがネット墓地です。ネット墓地への登録は簡単に済みます。実際にお経を流すこともできるとか・・・?

Copyright© 葬式 数珠 All Rights Reserved.