数珠の珠の材料と、珠の数について。

仏式での葬式では、数珠は必要不可欠なものです。座っているときには、左手で持ちます。焼香の際にも左手で持ち、右手で焼香行います。両手で合掌するときは、親指と人差し指の間にかけて垂らします。数珠の珠の材料には様々あります。男性用では、黒壇や虎目石などが多く扱われています。女性は水晶や珊瑚、琥珀などがよく使われています。珠の大きさは、男性のほうが大きいのが一般的です。珠の数は、本式では人間の煩悩の数と同じで、108個となっています。これは数珠が、人間の煩悩を引きとってくれるという考えからです。しかし、持ち運びやすさなどから、珠の数を54個や36個などに減らした、一連の略式のものが一般的によく使われています。

未来永劫素敵な墓地で

あなたの死後、いったいどんな生活になるんでしょう?・・・そういった哲学的なことは各自で考えていただくことにして、今回は、素敵な墓地を選ぶ基準をご紹介したいと思います。墓地選びは、基本的に人生で一度しかないはずです。でも、ご家庭の色々な事情で何回か墓地を探すことになるかもしれません。そんな人でも何度も墓地を探す人は一握りのはず、墓地探しに慣れている人なんていないと思います。墓地選びの時には、こちらのサイトで詳しい情報をお探しください。墓地選びの情報も、墓石選びの情報もこちらのサイトに掲載されています。両方簡単に調べることができますから、是非こちらのサイトをご覧ください。実際にその墓地を利用している人の口コミ情報を満載しています。

Copyright© 葬式 数珠 All Rights Reserved.