お葬式で使う数珠の選び方と使い方

仏式のお葬式の場合は、数珠を持参するのがマナーです。数珠は、本来は宗派によってそれぞれ異なるものですが、現在は宗派を問わない略式のものが一般的です。ただし、略式のものでも男女によって形式は異なります。できるだけ、人に借りたりせずに自分のものを持参するべきです。お葬式に参列するときには、数珠は左手首にかけておきます。持ち歩くときにも左手で持ち、ふさを下にたらします。長いものの場合は二重にします。焼香のときには、ふさを下にたらし、親指以外の左手の指にかけ、親指で軽く押さえながら、指を伸ばして合掌します。なお、細かい数珠の扱い方は宗派や地域によって異なります。不安な場合は、事前に参列するお坊さんや葬儀場の係員に確認しておくとよいでしょう。

お布施も必要?寺院墓地

あなたの宗派、宗教的な理由、安定性を求める人などは寺院墓地を選ぶ人も多いと思います。確かに、寺院墓地はよほどのことがない限り経営破たんを興すことはありません。でも、寺院墓地に入るときは、その寺院の檀家になることになりますのでご注意ください。あなたの信仰している宗教などによっては大きな問題になるケースもあります。もうひとつ、寺院に対するお布施もどうしても支払う必要が出てきます。寺院墓地は、法事の時にお墓参りまでまとめてできるといった利点もありますが、それなりのしがらみもあるようです。寺院選びをするときのポイントなどもこちらのサイトに掲載してます。寺院墓地を選ぶときには、まずこちらのサイトを確認してください。こちらのサイトからどうぞ。

Copyright© 葬式 数珠 All Rights Reserved.